会社員の仕組みを知ろう!

会社員とは、サラリーマンのことであり、会社に雇用されて与えられた仕事をこなし、給料(サラリー)を得る人の総称です。 一言に会社員と言っても、仕事内容は職種や部署によって全然違うもの。また、実際には部署ごとで担当が分かれているので、想像以上に色々な事をしています。 ここでは、会社員には、どのような職種や担当があるのか見ていきましょう。 ◆会社員(サラリーマン)って? 日本における正規雇用者を表す用語で、民間企業に勤める給与所得者のうち、役員や専門職(医師・弁護士など)を除いた者である。通常はホワイトカラーの職務に就いている男性に対して使われ、女性の場合には「OL」という用語があてられる。また、国語辞典には、「給料で生計を立てている人」「給料取り」「勤め人」などと解説している例もある。                        出典:「ウィキペディア」フリー百科事典 ◆会社員ってどんな職種があるの? 会社員には、大きく分類してサラリーマン、事務、金融、運輸、IT関連など様々な職種があります。それぞれタイプ別に代表的なものを見ていきましょう。 ➀サラリーマン  ・生産管理   生産量の把握や生産計画の立案、計画通り生産実績がでているのかをチェックすることが 仕事です。製造原価管理や生産方式、改善業務を行う場合があります。  ・営業   顧客や得意先などに商品やサービスを売り込むのが仕事です。   営業の場合、固定給とは別に歩合給があることもあります。 ➁一般事務  ・経理   金銭の出入りを記録し管理するという企業にとって大事な仕事です。   業種で異なりますが、売上と原価計算を行って利益計画を行い、合理的に目標を立てると いう仕事も経理の仕事の1つです。  ・秘書   企業の経営者などのスケジュール管理、雑務などを行う仕事です。   秘書になるためには、ある程度の教養とマナーがなければ勤まりません。 ➂金融業  ・公認会計士   企業の年度決算を監査し、発表される財務諸表が適正かどうか報告する仕事です。 会計業務の全てに携わることができます。  ・税理士   税理士は通称企業や個人的な財務の相談や税金の計算、申告書の作成、手続き代行をする ことが仕事です。個人事務所を設立していることが多いです。 ➃運輸業  ・トラック運転手   トラック運転手は、全国各地に貨物を顧客や得意先にお届けするのが仕事です。  ・航海士   航海計画に基づいて、安全に航海することが任務になっています。  ・パイロット   パイロットと言えば、憧れの職種。ジャンボ旅客機、小型機、チャーター機の操縦と幅広く分けられます。資格の取得は大変困難なものです。 ➄IT関連  ・WEBデザイナー   インターネットのホームページをデザインする仕事です。   ホームページに企業や商品を紹介しているのは、WEBデザイナーが手掛けています。  ・プログラマー   エンジニアが設計したシステムを構築するためにコンピューター言語をプログラミングす る仕事です。 この他にも、各分野に様々な職種が存在します。次に、会社員として働くメリットとしてどんなものがあるのかみていきましょう。 ◆会社員として働くメリットってあるの? 会社員は自由が無い!そんな社会的風潮はありますが、実際、会社員として働くと様々なメリットがあるのです。 ➀安定性と福利厚生は外せない  会社員の代名詞と言えば、「安定性」ですよね。  大手や老舗の企業に入社してしまえば、簡単にクビにはならない。自分で辞めない限り、安 定して働くことが出来ます。 ➁保険や年金など全ておまかせ  安定性の他に大きなメリットが、保健や年金、税金に退職積立金など、お金に関する管理は  会社が全て担ってくれることです。 ➂企業の会社員という「肩書き」  社会的地位が高く見られるのは、やはり、企業の会社員です。つまり、企業に所属している 事で得られる「肩書き」ですよね。 これから会社員を目指す人、既に会社員という人、それぞれ見る立場で違いはあると思います。ご紹介した通り、「会社員」と単純に見えるかも知れませんが、その職種や部署は膨大にあるのです。